ハナゴト

山と海に囲まれた田舎で「パン」「お菓子」「野菜たっぷり料理」を楽しく作っています

干し芋を家で作る

 

f:id:hozumi3081:20150312015102j:plain

梅雨の時期以外「干し芋」を作ります。

まず天気予報とにらめっこして、5~6日晴れが続きそうなら芋を蒸し始めます。

 

ジオ 蒸し器付鍋 25cm GEO-25M

ジオ 蒸し器付鍋 25cm GEO-25M

 

 この蒸し器で蒸しています。

さつまいもを半分にしているのは、大きすぎて入らなかったからです。

1時間ほど蒸します。

時間がない方は、干す厚さにあらかじめ切って蒸すといいですよ。

f:id:hozumi3081:20150312015101j:plain

蒸し終わったら皮をむきます。

多少皮が残っていてもOK!干している間にホロホロ落ちていきます。

濡らした包丁で好きな厚さに切ります。

私は少し厚めが好きです。

f:id:hozumi3081:20150312015100j:plain

f:id:hozumi3081:20150312015059j:plain

あとは干すだけ。

出勤する時は屋根のある駐車場に干して行きます。

なるべく、干し始めは土日になるようにして、しっかりと干します。

あとはお好みの硬さになるまで干すだけ。

私は4~5日干します。

干し終わったらジップロックにポイポイっと入れて冷凍。

食べるときは凍ったままトースターで焼いて食べます。

 

この「干し芋」、ものすご~く重宝してます。

寝坊したとき、この干し芋をトースターに放り込んでから顔を洗います。そして色々準備している間に干し芋が焼き上がり、牛乳と一緒に食べます。

おなかにも溜まるし、洗いものも出ない!!そしておいしい!!

冷凍庫にあると助かります。

実家の家族も大好きで、「干し芋送れ!!」とメールがきます。

母が犬のおやつにも良いよ~と言っていました。

 

買ったほうが早くない??とよく言われますが、市販のは高い!!

え~!?という値段がするものも多いのです。そしてちょっとしか入っていない・・・。

手間はかかりますが、作ったほうがお得です。そして自分好みの硬さにできます。

ダイエットのときにおやつとして食べてもいいですね。

ベランダでも作ることができるので「自家製干し芋」おすすめです!!