読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハナゴト

山と海に囲まれた田舎で「パン」「お菓子」「野菜たっぷり料理」を楽しく作っています

妖怪ウォッチを求めてひた走る

早めに家に帰れる~♪と喜んで準備しているところに一本の電話が。

「ショッピングモールで妖怪ウォッチを貰いに行ってくれない??」

私は??状態。

姉からの電話で、焦った声で話している。

その電話越しに甥っ子たちの泣き叫ぶ声。

 

詳しく聞くと、ショッピングモールで、レシートと交換で「妖怪ウォッチ」のグッズをくれるらしい。

姉は、2つ貰えると思っていたが、どのレシートでも一人ひとつ。

「ま、いっか」と姉はそのまま帰宅。

甥たちの妖怪ウォッチへの情熱を甘く見ていた。

帰宅後、甥たちはこのグッズをめぐり大ゲンカ。

 

で、困った姉が電話してきたのです。

 

ショッピングモールは片道で渋滞しなければ40分かかる。

そして、このグッズは先着と書いてあったらしい。

 

よし、甥っ子たちのために行くか!!と決めて、甥っ子に電話を代わってもらい「明日、朝に持って行くからケンカだめだよ。ママを困らせたら持っていかないからね。」と伝え、出発。

 

で、ですね・・・貰えたのが

f:id:hozumi3081:20150327204839j:plain

 

!?

えっ・・・この紙きれのためにこんな遠くまで行かなくちゃいけなかったの・・。

私、受け取ったとき愕然・・・。

f:id:hozumi3081:20150327205105j:plain

f:id:hozumi3081:20150327205136j:plain

今、日本中に「妖怪ウォッチ」のグッズ溢れてるよね・・。

これ、本当に必要だったの・・?

 

でも、甥っ子たちには宝物に見えたんだろうね。

 

はぁ~疲れた。

特に買うものもなかったのですが、なにか買わなくてはこれを貰えない。

 

で、しょうがなく買ったのがヨーグルト。

さっき、食後のデザートとして食べようとしたら・・・

f:id:hozumi3081:20150327210205j:plain

 

・・・・もうね、充分ですよ。

 

明日は早起きして、甥たちに例の「妖怪ウォッチ」グッズを届けに行きます。

今日は「妖怪ウォッチ」に振り回されたわ。