読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハナゴト

山と海に囲まれた田舎で「パン」「お菓子」「野菜たっぷり料理」を楽しく作っています

本気のかくれんぼ

f:id:hozumi3081:20150402004945j:plain

今日は、甥っ子×3と姪っ子がお泊りに来ています。

 

写真のものは、甥たちと買い物に行った時に購入したお風呂セット。

妖怪ウォッチのおみくじ入り入浴剤も先ほど試しましたが・・・ものすごい甘いマンゴーの香りがお風呂中に充満しました。

4人分の入浴剤を入れましたからね・・・。

 

 

今日はあいにくの雨で、外で遊ぶことができませんでした。

なので、かくれんぼをすることに。

 

このかくれんぼ、最初に見つかった人は鬼から「しっぺ」(2本の指で腕をバシッ!!と叩きます)をされるというルール。

 

子供の力だしね~♪と甘く見ていた私。

 

もんのすご~く痛いのです。

この「しっぺ」。

 

「しっぺ」をするために甥っ子①は何故か離れたところから全速力で走ってきて、「しっぺ」をします。

 

意味のない助走。

 

だけど痛いんです・・・「しっぺ」が、ではありません。

 

「しっぺ」をするために、すごい力でつかまれた腕が痛いのです!!

 

甥っこ①は、ダーっと走ってきて、その勢いのままガッと思いっきり腕をつかみます。

力が入りすぎて、爪を立てるのです。

そうすると、腕に爪が刺さります・・・。

 

私、「しっぺ」をされる前に「ぎゃーー!!」と叫びます。

そのされたであろう「しっぺ」など、記憶にございません。

 

腕には爪の跡がくっきり。

 

 

この「しっぺ」を何とか回避したい私は、本気でかくれんぼをします。

 

はじめのころは、押し入れの中に入り、布団の間に入り込んで隠れていました。

もちろん見つかりません。

しかし、ここに何度も隠れるうちに、すぐに見つかるようになり、「しっぺ」の刑。

 

家の中に大人が隠れる場所ってあります??

 

カーテンに巻きついて隠れてもすぐに発見されましたし、机の下にもぐっても丸見えだし・・・。

もう、天井版を外して、屋根裏に隠れるか・・・と本気で悩んでおりました。

 

そしてひらめきました。

 

家の外に隠れようと。

 

甥①が50秒数えている間に、そ~っと家の外に出ます。

そして、縁側から見れば甥たちが気づくことができる場所に隠れました。

小雨が降る中、じ~と座っている私。

 

50秒後、私以外の全員が次々に発見されました。

そして、私を探す声が聞こえてきます。

 

・・・結構な時間が経っても見つけてもらえなかった私は、自分から「ここでした~♪」と出て行くことに。

 

叱られました。

全員に。

「外はルール違反だから、しっぺ!!」という甥たちに対し

「家の外はダメなんて誰も言ってないでしょ!!」と、私は大人気もなく言い返していました。

 

まぁ、されましたけどね。

 

このあと甥たちも真似をして、外に隠れるようになってしまいました。

探す範囲が広がり、ものすごく疲れる「かくれんぼ」になりました。

 

馬鹿なことしなきゃよかった・・・と後悔。

 

 

1日中動き回り、はしゃいでいた甥たち。

お風呂に入ったあと、すぐに寝ちゃいました。

 

明日は何して遊ぼうかな。