ハナゴト

山と海に囲まれた田舎で「パン」「お菓子」「野菜たっぷり料理」を楽しく作っています

明太子パスタ

 

 

f:id:hozumi3081:20150404194122j:plain

今日の夕飯は、簡単であっさりの和風「明太子パスタ」を作りました。

 

作り方は、出汁、昆布茶、しょうゆ、バター、レモン汁、明太子を茹でたパスタと和えただけの簡単なパスタです。

 

海苔、大葉は必ず添えます。

 

 

明太子は20歳を超えるまで、一度も口にしたことがありませんでした。

 

それは母から何度も聞かされた話があったからです。

 

「お母さんはね、「りんご飴」と「明太子」にあたってもがき苦しんだことがあるのよ。」

という話。

 

母が子供の頃、屋台の「リンゴ飴」を食べると、中のリンゴがぶにょぶにょだったそうです。

母は初めて「りんご飴」を食べるので、こういうもんかと思ってそのまま食べ(飴が甘いので気にならなかったらしい)、夜にひどい腹痛が起き、即入院。

 

リンゴ飴の「りんご」、腐ってました。

いや、母よ・・・気づいてくれ・・。

 

そして「明太子」。

これは、母が高校生の時に真夏に明太子を食べ(親戚の人がお土産でくれたそうです)、母の兄弟全員腹痛で病院に行ったそうです。

あぶら汗が止まらず、ひどい腹痛だったそうです。

 

私たち姉妹は、この話(もっと生々しい話)を、よく聞かされていました。

なので姉妹全員、「リンゴ飴」「明太子」は、恐ろしいものだ!という感覚があったのです。

 

コンビニの「明太子おにぎり」って生の明太子が入ってますよね?

友人がそれを食べているのを見ると、なんて勇者なんだ!?と尊敬していました。

 

ですが、学生時代に友人が「明太子パスタ」をランチに作ってくれました。

恐る恐る一口食べてみると・・・・うまい!!うま過ぎる!!

あの時の衝撃は忘れることができません。

 

それからは、「明太子大好き人間」に。

白ごはんに明太子があれば幸せ。

とくに「いか明太子」が大好きになりました。

今のところ「ふくや」さんのいか明太子が一番好き。

 

明太子大好き人間の私は、「いわし明太子」をせっせと作り、実家の両親に持って行きました。

そしたら母は「焼いた明太子大好き人間」に。

あんなに明太子を毛嫌いしていた母が、火を通した明太子なら食べることができるようになりました。

「いわし明太子」もおいしいですよね~。

 

ちなみに姉たちは今でも「明太子」は、食べることができません。