ハナゴト

山と海に囲まれた田舎で「パン」「お菓子」「野菜たっぷり料理」を楽しく作っています

かぼちゃドーナツ  かぼちゃをたっぷり使います

f:id:hozumi3081:20150422200110j:plain

かぼちゃのドーナツを作りました。

 

私、「かぼちゃ」が野菜の中で一番好き。

 

初めての一人暮らしのとき、毎日のように「かぼちゃ」を食べていました。

実家の家族は全員「かぼちゃ」が苦手だったので、家でのご飯に出ることがまずありませんでした。

なので、一人暮らしを始めると、もう・・・食べる食べる・・。

 

そんなとき、授業中に隣に座っていた友人が、ギョっとして私の手を掴み、手のひらを見ました。

「どうしたの!?」と言われ、私も自分の手のひらを見てみると・・・・

黄色でした。

真っ黄色です。

足の裏も真っ黄色でした。

 

 

そう、かぼちゃの食べ過ぎで、手足が黄色くなっていたのです・・・。

 

何事もほどほどが大事なのだと、あの時ほど痛感したことはありません。

 

いまでは「ほどほど」のつもりですが、やっぱり一番好き。

カボチャを使ったパン、おかし、料理はよく作ります。

 

 

かぼちゃドーナツの作り方は、いつも作る「ドーナツ」のレシピの水分を、「かぼちゃペースト」に置き換えるだけ。

簡単にできます。

f:id:hozumi3081:20150421195728j:plain

蒸したカボチャに「牛乳」を少量入れて、ペースト状にしていきます。

私は皮ごと使います。

 

この「カボチャペースト」のみの水分で、ドーナツを練っていきます。

 

f:id:hozumi3081:20150422200128j:plain

1次発酵後。

分割して、ベンチタイムが終了したら、手のひらでベチャっとつぶします。

 

f:id:hozumi3081:20150422200127j:plain

粉をつけた「ペットボトルの蓋」で穴をあけます。

 

f:id:hozumi3081:20150422200123j:plain

2次発酵後。

あとは、シートごと揚げていくだけ。

 

f:id:hozumi3081:20150422200122j:plain

丸いのは、くりぬいた生地。

早めにシートを剥がしてください。

 

f:id:hozumi3081:20150422200113j:plain

アイシングは「粉砂糖」と黄色の「野菜ジュース」で色づけ。

 

蒸したかぼちゃをのっけて出来上がり。

 

カボチャ好きしか喜ばないであろう「かぼちゃ過ぎるドーナツ」です。

 

 

f:id:hozumi3081:20150422200108j:plain

黄色です。

これでもか!というほどのカボチャです。

 

おいしい。

本当においしい。

 

このカボチャドーナツ、「カボチャの煮物」が残った場合にもおいしくできます。

少しだけ、しょっぱさが加わっておいしくなるんです。

でも「かぼちゃの煮物」だなんて、気づきません。

 

 

カボチャが大好きな人。

かぼちゃの水分だけで作る「かぼちゃドーナツ」、おすすめですよ。