読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハナゴト

山と海に囲まれた田舎で「パン」「お菓子」「野菜たっぷり料理」を楽しく作っています

トップス風チョコレートケーキ

f:id:hozumi3081:20150725210142j:plain

今日のおやつは、トップス風チョコレートケーキ。

 

私にとってトップスのチョコレートケーキは、都会のケーキのイメージです。

そして私たち姉妹にとっては争いの元であるケーキ。

 

 

まずは天板で大きくスポンジを焼いて3等分。

f:id:hozumi3081:20150725210148j:plain

生チョコクリームとローストしたクルミをたっぷりのせ、生地を重ねていきます。

 

f:id:hozumi3081:20150725210131j:plain

生チョコクリームを塗りたくって完成。

何か・・残念なチョコレートケーキだ・・。

 

f:id:hozumi3081:20150725210139j:plain

5mくらい離れて見ると、なんとなーくトップス風チョコレートケーキに見えるような見えないような・・。

 

f:id:hozumi3081:20150725210145j:plain

f:id:hozumi3081:20150725210146j:plain

ごちそうさまでした。

 

私が中学生の時、出張帰りの叔母がお土産で買ってきてくれたのが「トップスのチョコレートケーキ」でした。

保冷剤たっぷりで。

 

初めて見る美味しそうなチョコケーキ。

そしてお土産を貰ったとき、家には私ひとり。

 

食べました。

全部。

牛乳パックより大きいぐらいのサイズのケーキを一人で全部食べてしまったんです。

 

もちろん最初はそんなつもりはなかったのですが、あまりの美味しさにパクパク食べ、気づいたら無くなっていました。

 

帰宅してそのことを知った姉たちは怒り狂いました。

髪を掴み合い、ほっぺをつねり合い・・・大喧嘩に。

 

今でもそのことを根に持っている姉たちは、ケーキを食べるたびにこの話題を出してきます。

 

なのでこのケーキは「ごめんなさいのケーキ」。

 

私しか食べていないので、何となく記憶にある味を再現しています。

覚えているのは、胡桃がどこかに入っていたのと葡萄の柄だけですが・・。

 

このケーキを姉たちがご機嫌で食べ終わり、思い出話が始まるたびに、何故かいつも険悪な雰囲気になる不思議なケーキでもあります。

 

もうそんな些細なこと忘れようよ~と言いたいところなのですが、もし逆の立場だったら私は一生恨みます。

なので何も言えない・・。

 

あれ以来食べていないトップスのチョコレートケーキ。

いつかまた思いっきり1本食いしたいな。