読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハナゴト

山と海に囲まれた田舎で「パン」「お菓子」「野菜たっぷり料理」を楽しく作っています

栗の入ったパイまんじゅう

f:id:hozumi3081:20150925200251j:plain今日のおやつは、栗入りのパイまんじゅう。

 

先日作った栗の渋皮煮をあんこで包んだパイ饅頭を作りました。

渋皮煮で必ず最初に作る、この饅頭。

大切な人達へ、瓶に詰めた渋皮煮と一緒に送ります。

 

 

f:id:hozumi3081:20150925200238j:plainパイ生地を練り、重ねて薄く伸ばしたら、渋皮煮を手作りあんこに包んで上に置きます。

そしてパイ生地の中のバターが溶けない様に素早く手のひらで丸めます。

f:id:hozumi3081:20150925200236j:plain丸めたら艶出しのために溶いた卵を塗って焼いていきます。

とにかくここまで素早く。

f:id:hozumi3081:20150925200245j:plainしっかり焼き色がついたら完成。

f:id:hozumi3081:20150925200248j:plain中はこんな感じ。

この饅頭は蒸した栗や塩茹でした栗なんかでも美味しいです。

栗の甘露煮で作ったら、私には少し甘過ぎました。

 

一番最初に栗拾いをさせてくれた近所の人(山の所有者)にこの饅頭を届けました。

「このあんぱん、すっごい美味しい!!」と喜んでくれました。

 

ん?・・・あんぱん?

 

栗が大きかったので、まんじゅうも大きくなりました。

そう、まるであんぱん。

この饅頭一個で普通の人はおなかいっぱい。

f:id:hozumi3081:20150925200242j:plainでも私は大丈夫。

食後にまんじゅう2つをぺろり。

 

ごちそうさまでした。

 

 

さっきまで「東京喰種トーキョーグール:re」と「ましろのおと」と「ばらかもん」の最新刊を読んでいました。

すぐに漫画に影響される私。

明日の朝の車の中では、三味線奏者の上妻宏光さんの曲を聴いていると思います(普段は落語を聴いています)。

 

明日は三味線の音を聴きながら、大切な人達に栗の渋皮煮と栗のパイまんじゅうを届けよう。