読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハナゴト

山と海に囲まれた田舎で「パン」「お菓子」「野菜たっぷり料理」を楽しく作っています

炙りチャーシュー丼

f:id:hozumi3081:20151014203008j:plain今日の夕飯は、炙りチャーシュー丼と野菜ラーメン。

 

じっくり漬け込んだ豚肉の塊をオーブンで焼いて、さらに炙って丼にしました。

 

f:id:hozumi3081:20151014203004j:plain3日間漬け込んだ豚肉の塊を、ホーロー容器ごとオーブンで焼きました。

冷めたら好きな大きさにカット。

f:id:hozumi3081:20151014203005j:plain焼き網で炙ります。

少し焦げ目が付くぐらい。

f:id:hozumi3081:20151014202946j:plain熱々ごはんの上に、炙ったチャーシューと味付き半熟卵をのせたら完成。

味付き半熟卵は、チャーシューのタレを沸騰させて冷ましたものに半熟ゆで卵を1日漬け込んだものです。

f:id:hozumi3081:20151014202949j:plain炙ったチャーシューは味が濃縮されて美味しい!

この香ばしさがたまりません。

f:id:hozumi3081:20151014202954j:plain味付き半熟卵と一緒に食べると最高です。

もう最後のほうは黙々と食べ尽くしました。

f:id:hozumi3081:20151014203001j:plainごちそうさまでした。

 

 

姪っ子が家に遊びに来て、最初に目を付けたもの。

それは私の大事な大事なマリモ3兄弟。

「いいな~、いいな~」とすぐに「いいなぁ攻撃」が始まりました。

ちょっと上目遣いで行われるこの攻撃は、大抵の人はコロッといきます。

大抵の人とは、祖父、父、義兄さん。

 

だが私には効かん!

「やらねぇよー!べー!」などと言いつつ、大切なマリモたちを姪が絶対に届かない棚の一番上に置きました(今考えると最低な女だ・・)。

それを見ていたのが、ひ孫に会いに来ていた祖母。

私がものすごい叱られて、結局マリモを姪に渡すことになりました。

・・・・なぜだ。

 

でも帰り際に「来週の佐賀旅行でお土産を買ってきてあげるから」と祖母が耳元で囁いて去っていきました。

 

マリモ3兄弟との同棲期間はまさかの1週間。

あんな思い出やこんな思い出・・・が、あるはずもなく、水を替えた思い出のみ。

 

f:id:hozumi3081:20151013202212j:plainバイバイ。

マサル、リチャード、モリオ。