読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハナゴト

山と海に囲まれた田舎で「パン」「お菓子」「野菜たっぷり料理」を楽しく作っています

きなこの厚焼きクッキー

f:id:hozumi3081:20160322211649j:plain今日のおやつは、きなこの厚焼きクッキー。

 

きなこをたっぷり練りこんだサクサクほろほろ食感の厚焼きクッキーです。

塩をちょこっと多めに入れて、きなこに合う味にしました。

 

~きなこの厚焼きクッキーのレシピ~

・きなこ    60g

・薄力粉    60g

・バター    100g

・砂糖     60g

・塩      ふたつまみ

・卵黄     1個分

 

①バターをやわらかくしてゴムベラなどでしっかり練ります。砂糖、塩を加えて混ぜます。

 

②卵黄(なるべく室温に戻しておく)を入れてふんわりするまで混ぜます。

f:id:hozumi3081:20160322211644j:plainきなこを加えて混ぜ、薄力粉を振るい入れてさっく混ぜます。

 

③出来上がった生地をビニール袋に入れます。f:id:hozumi3081:20160322211646j:plainビニール袋に入れたまま、コロコロ転がして長方形を作ります。丸でも良いです。

このまま冷蔵庫で1時間以上冷やします。

 

f:id:hozumi3081:20160322211647j:plain冷え固まった生地を包丁で1.5cm~2cmの厚さに切り、クッキンギシートを敷いた天板に並べます。

170℃に予熱をしたオーブンで約20分~焼きます。

焼けたらオーブンの扉を開け、庫内で天板にのせたまま冷まします。冷めてからオーブンシートから外します。

f:id:hozumi3081:20160322211651j:plainきなこの厚焼きクッキーの完成。

f:id:hozumi3081:20160322211656j:plain見た目は硬そうですが、外側はザクザクとした食感で口に入れるとホロホロになります。

粉の半分をきなこにしたので、香ばしいクッキーに焼きあがりました。

牛乳やお茶と一緒に。

 

f:id:hozumi3081:20160322211658j:plainごちそうさまでした。

 

 

と、いう記事を月曜日に書くはずでした。

 

でもできなかった・・・・。

それはコレを買ったから。

f:id:hozumi3081:20160322211713j:plain無印の体にフィットするソファを買ってしまった。

でかい。

 

ショッピングモールには、コーヒー豆を買いにいったはずでした。ですが、帰りの車はコーヒー豆の代わりにこのどでかいソファーを運んでいました。

無印のお店の前を通るまで、このソファーを買おうなどとはこれっぽっちも考えていなかったのに・・・・。

 

でもこのソファーでダラダラしながら漫画を読むのが楽しみでした。帰宅して、まずは大大好きな「少年アシベ」を読もう!と座りました。

 

あれ?かたい?

 

想像していたよりも体にフィットしませんでした。新品だから硬いのか・・・?

同じものを持っている友人は「気持ちよくて、購入した日に熟睡しちゃったよ」と言っていたのですが、どういう体勢でくつろげるのかが全くわからない。

座椅子のように座ろうとすると、服がめくれ上がりながら滑り台のようにズルズルと床に落ちました。

私、プチパニック状態。

結局、購入した月曜日には、ブログを書くことすら忘れて午前0時過ぎまでお尻をもぞもぞ動かしながら座り方を研究していました。

 

そして今日、私のベストポジションが決定。

 

ベッドよりも高く、机よりも高く、テレビを見下ろし、壊れかけのパソコンを見下ろし・・・・。

このソファーの頂上で胡坐をかいて座る。

岩に座る仙人のように。

 

私は巨大な座布団を手に入れた。