ハナゴト

山と海に囲まれた田舎で「パン」「お菓子」「野菜たっぷり料理」を楽しく作っています

桜あんぱんと左手負傷

f:id:hozumi3081:20160402001421j:plain今日のパンは、桜あんぱん。

 

花見をする予定なのでおやつ用に焼きました。

この時期だけに焼く、春のあんぱんです。

 

f:id:hozumi3081:20160402001417j:plainいつものあんぱん生地に、桜の花の塩漬けをむぎゅーと入れて焼きます。

f:id:hozumi3081:20160402001427j:plain桜あんぱんのできあがり。

f:id:hozumi3081:20160402001429j:plain桜餡を作る気力はなかったので、作って冷凍しておいたつぶあんで。

桜の塩漬けのしょっぱさが、アンパンの甘さと合います。

あんぱん1個がでかくなってしまった・・・・おやつどころではない大きさです。

f:id:hozumi3081:20160402001433j:plainでも味見でぺろり。

ごちそうさまでした。

 

 

ただいま左手負傷中。

 

先日、車を運転中に猫を見たような気がしました。もう一度戻って同じ道を通ると・・・やっぱり道路脇にうずくまる猫が。

もしものときのために車には動物用の折りたたみキャリーバッグを積んでいるので、洋服に包んで猫を保護しました。

触った感じ脱水症状のようなので、そのまま動物病院に連れて行きました。

元気がなくておとなしいな、と私が保定して診療台にのせたのですが・・・急に元気に100倍に。

察知した獣医さんは素早くさっと避けましたが、気を抜いていた私は左手にサクッと猫の爪が刺さりました。

血がだらだら・・・。

そのまま今度は人間の病院に駆け込みました。

そして注射と点滴で治療。

注射がとにかく苦手な私は、針が皮膚に届く前に緊張で具合が悪くなります。点滴中は針が刺さった腕を見ないようにしていました。

本当にどえらい一日だった・・・。

 

その後、保護した三毛の長毛猫の里親は動物病院の協力ですぐに決まりました。

 

左手は薬のおかげで腫れず、昔から傷の治りが早いのですでに傷口は塞がっています。

が、大げさに包帯を巻いているとみんなが優しくなるので、今日の花見の時には治りかけの左手にぐるんぐるん包帯を巻いて行こうと思います。