ハナゴト

山と海に囲まれた田舎で「パン」「お菓子」「野菜たっぷり料理」を楽しく作っています

濃厚とろけるチョコチーズケーキ

f:id:hozumi3081:20161208220606j:plain今日のおやつは、大好きなチョコチーズケーキ。

 

私が作るチョコチーズケーキは「これでもかっ!」というくらいチョコレートが入っています。

なので生チョコに近い食感のとろけるチーズケーキです。

こってり濃厚なチョコレートチーズケーキ。

 

~チョコチーズケーキのレシピ~

(15cm丸型)

・チョコレート    150g

・生クリーム     150g

・クリームチーズ   200g

・砂糖        60g

・卵         2個

・卵黄        1個分

・ココア       20g

 

(土台)

・ビスケット    60g

・バター      20g

 

f:id:hozumi3081:20161208220554j:plainビスケットはビニール袋に入れてめん棒などで叩いて砕きます。そこに溶かしバターを加えてモミモミ。

f:id:hozumi3081:20161208220556j:plainバターを染み込ませたビスケットをオーブンシート敷いた型に敷き詰めます。これは生地ができるまで冷蔵庫で冷やします。

 

f:id:hozumi3081:20161208220557j:plain鍋に生クリームを入れて火をつけ、沸騰寸前まで温めたら火を止めてチョコレートを加えます。チョコを完全に溶かしておきます。

 

f:id:hozumi3081:20161208220558j:plainボウルにやわらかくしたクリームチーズ⇒砂糖⇒卵・卵黄⇒振るったココア⇒②の溶かしたチョコ、の順に加えてその都度しっかり混ぜます。混ぜ終わったら1度濾します。

 

f:id:hozumi3081:20161208220559j:plain冷やしておいた型に生地を入れます。

天板にお湯を張り、160℃に予熱をしたオーブンで60分ほどじっくり湯せん焼きします。

f:id:hozumi3081:20161208220600j:plain焼けたら型に入れたまま粗熱をとり、完全に冷めてから型から外します。

 

f:id:hozumi3081:20161208220603j:plainチョコチーズケーキのできあがり。

 

f:id:hozumi3081:20161208220609j:plain1日しっかり寝かせてカット。

焼けたその日に食べるとしゅわしゅわ食感。数日寝かせるとねっとり濃厚に。

f:id:hozumi3081:20161208220612j:plainチョコレート味が濃い、濃い、チーズケーキ。

f:id:hozumi3081:20161208220619j:plainずっしり重い。

とにかく濃いので一切れでおなかいっぱい。

ひとくち口に入れると、チョコがとろけます。

ガトーショコラのようなチーズケーキになりました。

 

f:id:hozumi3081:20161208220621j:plain濃厚な甘いチーズケーキなのに、山盛り砂糖を入れたカフェオレと一緒に。

 

ごちそうさま。

 

 

「何故か私に貼るカイロがくっつかない問題」

色々な人にこの問題を提起してきたのですが、友人たちは「いや、それあんただけだから」と相手にしてくれませんでした。

 

そして今日、問題が起こる。

 

駅で電車を待っていた時に、後ろにいた方から声をかけられました。

「あの・・・カイロが落ちてきましたよ」と。

朝、あまりの寒さに貼るカイロを3枚重ねのヒートテックの一番上にくっつけて朝ごはんを作っていました。そしていつもは途中でカイロが剥がれるので、それをコートのポケットに突っ込む・・・というのが定番。

でもその日は貼るカイロが無駄に頑張った。

そして駅で力尽きた。

 

駅で本を読みながら突っ立っていたら、知らぬ間に腰からカイロが剥がれ落ちました。

私の後ろにいた人たちは、さぞや驚いたことでしょう。

ぼけーっと立っている女の洋服の中からカイロが落ちてくるなんて。

 

この「貼るカイロ事件」は2016年の恥ずかしかった出来事の第2位に躍り出た。

 

ちなみに「2016年恥ずかしかった出来事の第1位」は、同じく駅での出来事。

同じように駅で電車を待っている時のこと。

「あの・・・靴にS字フックが引っ掛かっていますよ」と、そっと教えて頂いた。

いまだに何故かはわからんが、ヒールの踵部分にS字フックを挟んだまま歩いてた。

今思い出しても本当に不思議だ。そしてそれに気づかん私も不思議だ。

 

もし、駅でヒールにでっかいS字フックを引っ掛けたまま、服の中からカイロをポロポロ落としている怪しい女がいたら・・・私かもしれません。