ハナゴト

山と海に囲まれた田舎で「パン」「お菓子」「野菜たっぷり料理」を楽しく作っています

野菜たっぷりピリ辛ユッケ丼

f:id:hozumi3081:20160715194534j:plain今日のごはんは、サーモンのユッケ丼。

 

火を使わずに作る、野菜たっぷりの簡単なユッケ丼です。

ピリ辛味で、ごはんも野菜も進みます。

 

~ユッケ丼のレシピ~

(1~2人分)

・刺身       200g(サーモン・まぐろ・鯛などお好みで)

 

Aしょうゆ     大さじ1

Aコチュジャン   小さじ2

A砂糖       小さじ1

Aオイスターソース 小さじ1

Aにんにく     1片(すりおろし)

Aしょうが     小さじ1(すりおろし)

Aごま油      小さじ1

Aごま       大さじ1

 

・レタス、きゅうり、オクラ、大葉など

・卵黄

・ごはん

 

f:id:hozumi3081:20160715194523j:plain刺身(今回はサーモン)をぶつ切りにして、《A》と合わせます。

 

②オクラは茹でて刻み、レタス、きゅうり、大葉は千切りにします。

 

③器に熱々ごはんを盛り、②の野菜、①のユッケをのせ、最後に卵黄をのせます。

 

f:id:hozumi3081:20160715194537j:plain野菜たっぷりピリ辛ユッケ丼のできあがり。

 

f:id:hozumi3081:20160715194532j:plain

f:id:hozumi3081:20160715194542j:plain卵黄を潰して

f:id:hozumi3081:20160715194545j:plainユッケに絡めて、野菜と一緒にいただきます。

 

ピリ辛濃厚ユッケがごはんに合う。

味がしっかり付いているので野菜と一緒に食べても美味しい。

火を使わずに簡単に作ることが出来るので、暑い夏にもぴったりです。

f:id:hozumi3081:20160715194547j:plain最後のひとくちまでウマイ。

ごちそうさま。

 

 

先日、市販の鎮痛剤を飲んだあとに激しい胃痛が起きました。

 

鎮痛剤を飲んでぼーっとテレビを見ていたら、急に立ち上がれないほどの胃痛が。

一番楽な体勢が、体育座りをして、そのままゴロンと転がり、下を向いて蹲るという格好。

この格好のままじっとしていると、姉が甥と姪を連れて薬を買ってきてくれました。私の蹲った格好を見て、「ナウシカの王蟲みたい!」と笑う姉たち。

ひどい。

 

薬は有難い・・・有難いのですが、姉が買ってきた薬が粉薬。それも漢方薬。

私は昔っから粉薬を飲むのが本当に苦手なのです。

飲み込むタイミングがどうしてもわからん。

 

胃痛で真っ白な顔色のまま薬を飲み渋っていると、「なっちゃん(姪)は薬飲むの上手なんだよね!ほずみにお手本見せてあげて!」と姉が言いました。ちなみに姪は咳のお薬。

姪は気軽に「いいよー」と言って、粉薬をガッと口に入れ、コップの水を勢い良く飲み・・・そのままドバドバっと口の中のもの全てをコップに戻しました。姉には見えないように。

姪はというと、私のほうを見て何故か得意気に「ねっ!」と笑顔。

 

この子は天才だ・・・と思った瞬間でした。

 

ですがもちろん姉はすぐに姪の不正に気づき、げんこつ一発。新しい薬を姉の目の前で飲み直し。泣きながら飲んでました。

 

結局私は、片手に薬を持ち、反対の手に水が入ったコップ。姪は口直しのためのアルファベットチョコを持って私の側に構え、姉は不測の事態に備えて洗面器を用意。

冷静沈着な甥は、そんな我々を冷たい目で眺めていました。

 

薬を飲むことができたかどうかは、ご想像にお任せします。