読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハナゴト

山と海に囲まれた田舎で「パン」「お菓子」「野菜たっぷり料理」を楽しく作っています

うなぎの押し寿司とうな丼

f:id:hozumi3081:20150722195216j:plain

今日の夕飯は、うなぎの押し寿司とうな丼。

 

スーパーの鮮魚売り場に行くと「土用の丑の日」と書かれたポスターがずらりと貼ってありました。

山積みにされたうなぎの蒲焼きを見て、私の頭の中は鰻一色。

 

がっつりうなぎを食べます。

 

 

まずは味の付いたご飯を炊きます。

f:id:hozumi3081:20150722195207j:plain

米1合にうなぎの蒲焼きのタレを大さじ1強と粉末だしを入れて普通に炊きます。

付属の蒲焼きのタレだけでは足らないときは

しょうゆ:砂糖:酒:みりん=1:1:1:1の量をトロリとするまで煮詰めると、簡単なタレができます。

 

うなぎは、アルミホイルの上に置き、酒を少々振りかけて、しっかりと閉じ、トースターで10分ほど蒸し焼きにします。

蒸し器で蒸す方が美味しいのですが、蒸し器を洗うのが面倒だったので・・。

 

パウンドケーキの型にラップを敷きます。

専用の型がなくても簡単に押し寿司は作ることができます。

牛乳パックでもできます。

f:id:hozumi3081:20150722195206j:plain

皮が上になるようにして鰻を入れます。

 

f:id:hozumi3081:20150722195213j:plain

ごはんを入れて、ラップを被せて上からギューっと押さえます。

 

そしてこれを冷蔵庫に入れて、30分以上は休ませます。

 

 

その間にうな丼作り。

 

f:id:hozumi3081:20150722195155j:plain

熱々ご飯の上にタレを少しかけて、トースターで蒸し焼きにした鰻をのせれば

 

f:id:hozumi3081:20150722195204j:plain

うな丼の完成!

 

f:id:hozumi3081:20150722195201j:plain

ああ~美味しい・・。

 

 

そして待ちに待ったうなぎの押し寿司。

 

f:id:hozumi3081:20150722195218j:plain

f:id:hozumi3081:20150722195212j:plain

こっちも美味しい。

 

うなぎもご飯もやわらかくて、一気に食べてしまいそう。

タレがごはんに染み込んで、本当に美味しい。

元気が出る味だなぁ。

 

ごちそうさまでした。

 

 

 

うなぎ好きの友人とこの鰻たっぷりの夕飯を食べました。

友人は鰻が好き!などと言うくせに、うなぎの皮を食べることができません。

食べる前に、器用にべろーんと皮を剥がして食べます。

 

その剥がされた皮は、もちろん私が食べます。

 

うなぎの皮、美味しいのになぁ。