読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハナゴト

山と海に囲まれた田舎で「パン」「お菓子」「野菜たっぷり料理」を楽しく作っています

すもものタルト

f:id:hozumi3081:20150707195639j:plain

今日のおやつはすもものタルト。

 

酸っぱい、すっっぱいスモモを甘い紅茶クリームと一緒に焼いたタルトです。

 

 

f:id:hozumi3081:20150707195633j:plain

近所の人にすももを頂きました。

貰う時に「酸っぱいよ~」と言われたのですが、そこまで気にしていませんでした。

 

しかし、洗って皮ごと食べてみると・・・とんでもなく酸っぱい。

ひとくちかじる毎に「ひょー」と声が出てしまうくらい。

 

生で食べるのはつらいかも・・・と思いタルトにしました。

 

 

f:id:hozumi3081:20150707195634j:plain

全粒粉のタルト生地を焼き、「紅茶カスタードクリーム」をいっぱい入れます。

その上にすももを皮ごと並べていきます。

 

f:id:hozumi3081:20150707195641j:plain

焼き上がり。

 

f:id:hozumi3081:20150707195644j:plain

f:id:hozumi3081:20150707195646j:plain

f:id:hozumi3081:20150707195649j:plain

紅茶カスタードクリームをいつもより甘めに作って正解!

焼いても、すももは酸っぱかった・・・。

 

だけどこの酸っぱさが美味しい。

すももを甘く煮てのせるよりも、生のままのせて焼き、シャキっとした食感、酸っぱさが残っている方が私は好きでした。

 

このタルトをすももをくれた近所の人に持って行きました。

 

そうしたら「お刺身かと思った!」と驚かれました・・・。

 

お刺身・・?まぐろ・・まぐろなのか?

トマトみたい!と言われるのは予想していましたが、まさかのお刺身。

 

「お刺身の紅茶クリームタルト」、そんなの嫌だ。

 

 

すもものタルトは甘酸っぱくて本当に美味しかったです。

ごちそうさまでした。

 

 

 

 

うちの庭にも一応、すももの木があります。

 

ですがひとつも食べていません。

 

野鳥が食べちゃうから。

 

すもも丸ごと一個をきれいに食べてくれるのなら良いのですが、なぜか野鳥たちはちょっとずつしか食べません。

1個に対して3,4口くらい。

 

もしかしたら食べられるかも・・・という期待でちぎったら、かじられている。

この悔しさ・・どうしてくれよう。

せめて半分くらいは食べてください。

 

それほどまでにうちのスモモは美味しくないのだろうか・・。